縁を切るなら別れさせ屋

別れさせ屋しかないなって思ったから頼んだんです

こんなにしつこい人だとは思っていませんでした。付き合っている時から少し寝に持つタイプだとは分かっていましたけど、まさかその矛先が私にまで向けられるとは思わないじゃないですか。ちょっと好戦的だし、私は少し疲れていたんです。だから別れたいって告げたらそこからは彼の中で私は「敵」になってしまったんでしょうね。おかげでとにかく執拗なメッセージばかりが送られてきたんですよ。うんざりしているというよりも、こんな人だったんだなっていう落胆ですよね。それで自分でももう勘弁って思ったものの、とにかく執拗なんですよ。だから別れさせ屋似任せようって。それまでは、行ってみれば身内のような存在だったんです。その相手を別れさせ屋に任せるのは悩みもありました。でも、それ以外の方法が見当たらなかったので、綺麗な別れ方を諦めて、とにかく別れさせ屋に依頼して別れましたけど、当分の間は男なんていらないかなって思っている自分もいます。

別れさせ屋の存在は力強さがあるんですよね

自分自身、どうすれば良いのかでかなり悩んでいました。というのも、不倫関係に陥っていたんです。私としては相手に離婚してもらって結婚したいって思っていたんです。そして、彼もそういってくれていたんですけど、そうそう簡単には行かないだろうなと思いつつ、かなりの歳月が経過しました。気付けば私も結婚適齢期。そんな時期までこんな関係を続けているのもどうなんだろうって思いがありました。だからそろそろ彼にけじめをつけてもらいたいなって。私は彼が結婚してくれるって言うからここまで耐えていたんです。それを今更無理だからって言われても私の人生はどうなるのって話じゃないですか。だから別れさせ屋に任せることにしたんです。自発的に別れてもらうのがベストでしたけど、どやらどうも行かないみたいなので、それなら別れさせ屋に任せるしかないかなって思ったんです。そして任せたら離婚が成立したみたいなので、彼は私に対して結婚を匂わせるようになりました。